労働安全衛生監督の効率(efficiency)と有効性(effectiveness)の議論は長くなった。

これは、労働関連の規制が企業の活動を阻害して費用を負担し、雇用を縮小するかどうかにも関連している。

産業安全保健監督が果たして災害率を落としてコスト効率を増進させるかどうかについての議論がある。

労働安全衛生監督と関連して、既存の方式が効果があるのか??は、議論に加えて、変化する事業場の環境に適切な方法なのかについての議論も持続的に提起されている。

国民生活水準の向上により、安全衛生に対する国民のニーズが増加した。

サービス産業部門は増加など、産業構造が変化した。

非正規職の増加や職場移動の日常化など、雇用構造が変化した。

既存のリスク要因とは異なり、新技術、新工程、新産業の登場によって不確実な要因によるリスクが増加した。

このような不確実性を管理するために、過去の予防原則(prevention principle)で予防原則(precautionary principle)への変化が求められている。

労働安全衛生監督の外的環境は変化しているのに対し、監督システムと監督の方法はこれをよく反映していない限界を示している。

米国のOSHAは労働部所属だが、独立して運営されているなど、日本を除く西欧のほとんどの国が一般勤労監督とは別の独立した労働安全衛生監督規制体系を備えている。

これは、労働安全衛生監督に特化した専門家が確保され、集中的な管理が行われることができる構造である。

ところが、日本は独立した組織ではなく監督規制も入り混じって行われている限界を示している。

統合勤労監督ではなく、独立した労働安全衛生の専門の監督に改善する必要性があるのだ。

また、事前の注意の重要性と不確実性の要因の増大を考慮すると、監視処罰型監督規制と教育説得型監督規制も重要である。

このように、事業場の労働関係を取り巻く状況の変化に勤労監督の有効性の議論は続いている。

特に労働安全衛生分野でどのような監督が効果的には、多くの議論がある。

しかし、最近になって、適切に実行された労働安全衛生監督は、企業経営にも影響を与えることなく、災害率を下げるには、研究が発表されている。

これに応じて設計された効果的労働安全衛生監督に事業所の災害を下げるための努力が必要な状況である。

古典的に勤労監督の領域は、労使政3者の参加と協力の過程で認識されてきたし、独立した機構とメンバーによって適切な手順と方法により実施されたときの効果を持つことが知られてきた。

最近になってこのような勤労監督の業務と役割のうち、特に予防的機能の役割の重要性が強調されており、これは特に産業安全保健領域監督において際立っている。

これ行政と法執行機関中心の勤労監督でのアドバイスや情報伝達を並行する勤労監督の重要性も強調されている。

しかし、アドバイスや情報伝達だけでなく、厳密な管理と法執行も予防的効果を持っているのでこれを適切に並行する能力が重要である。

ほとんどの国で事業場の数と労働者数に比べて労働監督行政のインフラストラクチャは、脆弱である。

したがって、戦略的に設計された勤労監督がさらに重要である。

少ない数の人材と現場監督に最善の効果を出すための戦略が重要なのだ。

このような観点から、最近では勤労監督の優先順位を決めて、それに伴う監督を行い、勤労監督が予防的効果を持つ者、予告なしに勤労監督を行う傾向が米国およびヨーロッパ諸国で増加している。

特定のトピックや領域を定め、その関連して、必ず守らなければならない事項を事業場に広報した後、実際の勤労監督は不意に予告なしに行われるものである。

このような方式の勤労監督は、事業主にとって、私たちの事業場もいつ勤労監督の対象となるかもしれないという考えに関連事項に興味を持つように誘導するだけでなく、、事業主が実践可能な目標値を提示することで予防対策を実際の実行に移す確率を高くする。

したがって、今後、日本の産業安全保健監督も少ないリソースで最大の効果を収??めるために、次のような方式を採用する必要がある。

まず、労災保険利用材料と労働安全衛生監督を連携させる方式を徐々に減らして行くべきである。

他の国の場合を見ても、労災保険のデータを利用して、監督事業場を選定する例は稀である。

なぜなら、このようになる場合の監督を受けないために労災保険を利用しない場合は、同期ができるようになって、これは労働者と事業主の両方に損害を与えるからである。

だから先進外国は災害率に基づいて監督をしても、労災保険資料その他の資料による災害率に基づいて監督事業場を選定しており、徐々に災害率より危険因子の有無や多寡を知ることができる資料に基づいて監督事業場を選定する傾向に変化している。

第二に、リスク要因の有無や多寡を知ることができる資料を活用した産業安全保健監督が多くなければならない。

労働災害が発生した事業場を訪問して監督を行うことは、事後的な処罰の性格が強い。

もちろん、問題があって、産業災害が発生した事業場に、今後、同じ問題が発生しないように指導監督する意味がありますが、どうしてもこのような方式の監督は、予防的効果が微々たるしかない。

したがって、結果に基づいて事後処方形式で進行される監督よりリスク要因に基づいて積極的に行われている監督を増やしていく必要がある。

そのためには、化学物質取り扱い管理データ、リスク機械を導入し、取り扱い管理材料、その他の産業衛生上のリスク評価資料などを積極的に連携して監督対象事業場を選定しようとする努力が必要である。

第三に、監督の優先順位を決めて、特定の期間中にそれに集中して監督を行う方式が必要である。

現行の労働安全衛生監督は、産業安全保健法全体の履行の有無をすべて監督する方式なので効果を収めるタフな構造となっている。

これはすべての監督なら、事業主の立場では、いっそ放棄してしまうのがより常識であるからである。

したがって、定期的に監督の優先順位を決めて、その期間中に特定の法律の規定と基準履行するかどうかだけを集中的に監督するなら、これに対する法律と基準遵守率が高くなることができる。

この場合、そのような法律や基準遵守が直接的に災害率と関連あると知られていることに優先順位を置いて進めなければならないのはもちろんだ。

第四に、不意に事業所に予告なしに進行する労働安全衛生監督を増やしていく必要がある。

もちろん、産業安全保健法の全領域に対する監督は、このような方式で進行するのに困難がある。

事業主の反発があるからである。

したがって、これらの監督は、上記の優先順位がある特定の領域に対する監督に限定して、優先施行する必要がある。

その領域に特定の法規定と基準実施するかどうかだけを監督するという意志千人と広報をした後、実際に事業所の監督は、不意にランダムに事業所を選定して、その法規定と基準実施するかどうかだけを監督する場合、これに対する事業主のコンプライアンスと加えて監督の効果も高めることができる。

(0) Comments    Read More   
Post a Comment
Name:
Email:
Website:
Comments:
Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans