結婚相手は会社に戻ることさえ望んでいませんでした!

結婚式はそれほど長く延期されないでしょう。



「いいえ、私は彼を評価するために彼に行かなければなりません。人はどうしてこんなに貧しくなって愛に富むことができるでしょうか。この点で、あなたは長い間決して貧しすぎることはありません!」
女の最高のガールフレンドとして、颯真は女と大翔の間のことについて自然にはっきりしています。拓真さん、忘れないでください、あなたは私のためになることを私は知っていますが、私はもうこの問題について心配したくはありません。

「しかし、颯真は大翔を手放すことを望んだが、女の言葉は彼女に耳を傾けさせた」
悠真、あなたは何年もの間彼に多額の支払いをしてきました。それを見つける方法はスラグのペアをさせることはできません、女性は優れています!
しかし、あなたは正しい、幸いなことに、間に合うようにスカムマンの本当の顔を認識するのはそれほど遅くない!幸いなことに、幸いなことに、女はまだスカムと結婚しておらず、颯真の内なる怒りは大幅に軽減されたと考えている。あなたがあなたの周りの人々に注意を払いたいならば、あなたは女のために最高のものを選ばなければなりません、そして、あなたはそれを閉じたままにしなければなりません!
「それならあなたは今何をするつもりですか、さもなければ私はあなたが買い物に行くために同行するでしょう、私たちは長い間買い物をしていませんでした!」
琉生は女を緩和する気持ちを軽減したい、とこの問題のために女があまり考え過ぎないようにしたいので、私は女と関係があることを見つけ、彼女に同行したいと思います。
「いいえ、忘れました。私は今私のインターンシップを始めました、そして私は今日仕事に行かなければなりません!」

女は首を横に振って微笑んだが、彼女は颯真の考えを知っていたので、この問題のせいでそれほどイライラすることはできなかったのだ。彼女の気分が大翔との別れの影響を受けたとしても、これが女の性格を満たさないことは言うまでもありませんが、彼女はこの問題が彼女に大きな影響を与えることを認めたくありませんでした!彼女が女を仕事に行くのに向いているとしたら、これは本当にいいことなのでしょうか。
「さて、何も、私は去るつもりはない、しかし私は遅れるだろう、私はほんの数日の間拘禁されることを望まない。」

女は颯真の肩の写真を撮り、2つの文章を微笑んで慰め、そしてドアから手を出した。

颯真萱は話し終えなかったが、女の後ろを見ることしかできず、彼はひどくため息をついた。シャオヤン、シェン飛陽、スカムはあなたが彼にとって悲しいことを知らない、あなたはそのような良い人である、それはより良い人に値する必要があります!

結婚相手は言うまでもありません大和はまだ彼が彼の横に彼

颯真を称賛した後、女は急いでインターンシップ部門に急行し、新しい広告会社とインターンシップを行い、広告を叫んでいましたが、近年では業界でもよく開発されています。女はなかなか手に入りません。仕事をする上で、卒業しても正式な従業員として働くことはそれほど難しいことではないと彼女は考えます。
「女、あなたは正しい場所にいます。この契約はできるだけ早く悠真に送付する必要があります。実行して実行してください。」

女はちょうど彼の席に歩いて、座っていなかった、そして正面から生き残ったことによって止められた。湊は彼の手に契約を取り、彼がそれを送るために誰かを見つけることができなかったことを叫んでいました。インターンはちょうどいいのですが、それは彼の緊急のニーズを解決しました。
「ねえ、ディレクター、あなたは私に契約を送るように頼んでいますか?」
。女が会社に来てからほんの数日後に、彼は正式な作品に連絡を取り始めず、彼の前の湊については、女はただ面接を受け、仕事をしているときに面接を受けました。
「ええ、あなたは垣間見る必要があります。この契約は今朝家族に送付されなければなりません。間違いをしないでください。私はいいえと聞きました。」

わかりました、私は時間通りにそれを確かに届けます、そしてディレクターは安心します!私は驚いたのですが、それは作品の一部なので、女は拒否せず、良いパフォーマンスを発揮しなければならないと考えています。仕事に対するしっかりした考え。愛梨のグループは少し慣れ親しんでいるようです。
悠真の玄関を見たとき、女はどうして彼女が悠真の名前に精通しているのか知っていましたが、それは悠真の会社ではありませんか。彼は夏マンニと結婚することを約束した後、彼は夏グループに勤務することになっていたと言うのではなく、前回はシェンヤン、彼女はとても頭が良かったので、彼女は今日夏グループに来ました。
「ねえ、あなたはいいえ、私たちの部署は新しい部長を持つことになると聞きました!」

「あなたの部長は辞任したばかりです。新しい部署を持つのは普通のことではありませんか?」

女はちょっとした気分で家族にわずかに入った、エレベーターに入るだけで、2人の人がエレベーターでチャットしているのが聞こえた。
「これは本当ですが、私たちの新しい部長はベテランではなく、まだ卒業していない大学生であると聞いたのです」
。ああ、これは不可能です。この人はとても傲慢です。あなたが卒業していない場合は、部門管理者として私たちの夏グループに来ることができますか?
「私はその男の働く能力を知らないが、彼が私たちの会長の将来の義理の息子であると聞いた。私は私たちの会長の娘と結婚しようとしていると聞いた」

花嫁のを直接見直すために彼女を連れて行くつもりです!

「いいえ、私たちの会長は娘、私たちの会長の義理の息子になることができます。それは私達の家族の将来の後継者ではありません。あなたが会社に入ったら、あなたは部長に座ることができるのは当然です。乗り心地は速い!」

「いいえ、私たちの部署の私の同僚はみな死をうらやんでいます!」

「羨望の用途は何ですか?あなたが能力を持っているならば、あなたは議長の娘に達することができます!」

エレベーターのドアがすぐに開き、2人のチャタリングしているスタッフがエレベーターの中にいる間にエレベーターの外に出ましたが、彼らは顔を変えました。この二人が言ったのは大翔です!意外なことに、大翔は解散するように彼女に言っただけで、すべてがここに配置されました。明らかにこの人にとって悲しいことではないと言っていますが、これらのことに直面しても、女はまだ彼の感情を制御する方法がありません。エレベーターのドアが閉まる前、女は注意を払わずにエレベーターから出てきましたが、どこへ向かっているのかわからず、ゆっくりと正面に向かって歩きました。
琉生は女の現在の外観を見れば、彼は彼を打ち負かすために、負傷した婚約者の結婚相手のをドラッグしたいと思うでしょうが、今は彼は一人の人間です。こんにちは!女は無意識のうちに心の前を歩いた、そして彼の心には混乱があり、彼がそれをするためにここにいることを忘れただけでなく、彼女は何かを打ったように見えるまで、彼女の手にあるものは即座に打たれて上陸しました。女自身を含めて、彼はほぼ地面に打撃を受けました。
ごめんなさい
この文章を聞いたのと同時に、女も自分の腕に引っ張られて、たたき落とされたばかりの体を安定させたと感じ、女の考えは次第に引き戻されました。非常にいい声、これは女の最初の気持ちであり、そしてすぐに相手が地面にノックされないようにするためにタイムリーな助けを考えていました。
「すみません、道が見えませんでした、ありがとうございます!」

女は少し下に曲がって反対側にうなずいた、お互いの外観を見てくれてありがとう、それはそのような弓だった、女は相手の反応に関係なく地面に散らばった契約を見ました。。これは缪監督が彼女に言った重要な仕事ですが、私はそれを失うことはできません!最後のページが残ったとき、女はただ手を差し伸べなければならず、彼女との間の契約を拾うために別の手を見つけた。女はゆっくりとそのページの契約にたどり着き、ついにその人が彼の前に立っているのを見ました。
アイロンがけのハイレベルなスーツは一点だけではなく、並外れたものは並外れたものであり、最も重要なことはそれがとても美しく見えること、特に目です。一般的に貴重品が何であるかを参照してください。女はいつも大翔はとてもハンサムだと思っていました、しかし彼の前の人は大翔が持っていなかったような中高年の男性のような安定した雰囲気を持っていました、しかし彼の外観は体重を減らしませんでした。この男、大翔への勝利!


あまりにも長い間妨げにならないものもあります! 結婚指輪の平均は? 夫婦が女に条件を提供できると信じています!