ピストン運動をはじめました21センチものコックが

セックスするまでの婚前旅行記旅に出る

風俗嬢のテクニックの前に
やる場所が無かった10代のころを思い出し、偶然友達とはちあわせた時のバツの悪さを思い出し、後ろめたかったあの時の相手を思い出し…と、ようするにいい思い出が無いのであるまた、都市型のラブホは、ピンからキリまであるとはいえたいてい清潔で、ゲームだのカラオケだのの基本設備(?)が整い、時にはエステマシーンやビリアードなんかも付いていて、Hそっちのけで遊びほうけてしまうこともあるほどレジャーホテルとして充実している。私はこういう都市型のラブホしか利用したことがなかったので、「ラブホって確かにサービス体制すごいけど、しょせんHするところ、どこも似たり寄ったりだなどと思っていた。最近とある用事で九州方面に赴いた際に発見したラブホときたら!ところが、言ってよく利用してることバレバレ。)(なんだかんだその時は、土地鑑が無いために迷ってしまい、ラブホばかりが乱立している田舎道に入り込んでしまったのだった。どのホテルも外観が古びていて、ガレージに小部屋が付いてるだけ、みたいなモーテルだらけだったので、一番小奇麗に見える、ありふれたピンクのお城風のを選んで立ち寄っ入った瞬間から、おかしな雰囲気だった。

チンチンをいじって…
お城風の外観のくせに、なぜか全室和室である。和洋室は2部屋ほどあったが、あいにく使用中。そして、部屋をどうやって選んでいいのかとまどっていたら、「何番にします?」と、横のフロント窓口からおばちゃんの声がする。「401で…」と応えると、「ああ、それなら今使用中ですから、同じような部屋だから、402でお願いしますって、パネルでは402の方が使用中なんですけど!!大丈夫か?連れの男と2人で不安をつのらせつつ鍵を受け取ると、思いっきり『403』と表示されている。「鍵には403って書いてあるけど、402だからね、間違えないように」とおばちゃん。間違えないようにって…。

 

処女にしては

気まぐれに番号をかけたらしく、続けてかかってこなかったので、よかったといえばよかった。でも、どうせなら何かひどいことを言って切ればよかったな、という悔いが残ったのだった。こういう不快なあえぎ声はたまらないが、セックにおいて、あえぎ声は刺激的なスパイスになるこのあえぎ声というのがまた奥深いAVでは、揃いも揃って同じようなあえぎ声が奏でられるちょっと鼻にかかった高音。きっと、ああいう声が感じている声だと思っている人が多いんだろうな。でも、この声は演出もかなり入っているはず。

処女だという本当は、あえぎ声は実にいろいろ。ふだん上品な女の子が大声を上げたり、すごく気持ちよくても吐息ほどしか声はたてなかったり、どんな声を出すか予想ができないから面白い。セックスは静かな夜中に行われることが多いため、隣人の営みを耳にすることも多い。私の友人の場合、夜中に階下に住んでいた大家の方から、何やら物音がしてきたという。耳をすましてみると、どうやらセックスの声らしい。

 

フェラチオに身をゆだね

どんだけ人生楽しめるかってことで、フネ持ってるんだからね。行き先は、伊東、熱海、初島、新島、大島。相模湾なるから、2~3日は余裕がないと行けないねえ。·帯だね。西伊豆まではかなりエイヤって感じになる。石廊崎は荒れたらすごく荒れる。一旦荒れたら帰って来れなく番怖いのは暗器番の目的は釣り。靄も怖い。暗くなったらお手上げだしね。

ソープとラブホテルしかなかったと思ったけど
フネは怖さがあるから、その分面白いね。最初はゴムボートに乗ってたくらいの釣り好きだから。その頃はフネにすごく憧れてた。念願だったんだよね。·緒に出るんだけど、喜ぶのは、フネで温泉に行く時かな。熱海や伊東までフネで行って、温泉に浸かって帰ってくるんだよ。クルマで行くのとはぜんぜんいつも女房と気分が違うね。

      フェラチオを頼まれるときどんなふうにお願いされたい?という
      風俗嬢などはかわいいほう
      人妻風俗嬢はオーガズムを与えた後ふむ